大学選びに失敗しない知識や方法

大学選びに関しての知識

大学を選ぶ前に必要な情報をまとめる

まず、受験する本人が興味のある大学を探しましょう。
どんな職業に就きたいのかで選ぶ大学が変わってくると思います。
親子で進路についてはよく話し合う事も重要ですが、一番は本人が行きたいと思える大学に行くことです。
なりたい職業が見つかっていないが、将来役立つための資格を取得できる大学もあります。
そんな人はどんな資格が就職に有利なのかも、調べておくといいでしょう。
興味のある大学をみつけたら、高校の進路相談の先生に相談してみたり、受験報告書を見たり、また大学のホームページを見て資料請求をしてみましょう。
そこから、必要な情報を得てみたり、他の大学と比較してみたりすると良いでしょう。
親が気になるのは、その大学の就職率だと思います。
そんな情報も、ホームページに記載してあったり、資料に書いてあったりするので、確認してみてください。

オープンキャンパスで確認しておくべきこと

実際にオープンキャンパスに参加すると、大学の雰囲気が知れたり、どのような事に力を入れているのか分かりますね。
大学を選ぶ前に、必ずオープンキャンパスに行くようにした方が良いです。
オープンキャンパスで確認すべきことは、まず、全体の説明会では大学の特徴や、学びたい学科があるのか、どのような入試方法なのか、就職についての説明などです。
だいたいは、全体説明会でこのような事を話される所が多いと思いますが、より詳しく聞きたい人は、個別に聞くと良いと思います。
学ぶ内容であったり、大学の雰囲気を知ることはもちろんですが、実際にオープンキャンパスに参加する事で、大学周辺の環境であったり、通学方法や状況なども調べる事が出来ます。
そして、学内の設備であったり、大学の制度やサポート体制なども確認しておきましょう。
クラブやサークルなども考えている人は、オープンキャンパスに行った際に確認するといいでしょう。


この記事をシェアする